看護師の転職の注意点って何?

憧れと希望を抱いて看護師になったとしても、 ライフスタイルの変化や過酷な労働条件、辛い人間関係などで転職を余儀なくされる看護師さんも少なくないと思います。

ただ、有資格者である看護師の転職は一般の転職活動に比べて恵まれている点が多いのも事実です。 転職の際の注意点やちょっとしたコツなどを見てみましょう。

1.転職の心構え

初めての転職だったり、ブランクがあったりすると面接の予約をとるだけでも緊張するものです。 でも、求人を出している医療機関はどこも人員不足で困っているのです。

面接の際は印象を良くしようとすることも大切ですが、 自分の条件を伝えたり、勤務条件などの待遇を確認することも忘れないようにしましょう。

他にはブランクがある場合には教育体制なども気になるところだと思います。 心配なことはその旨伝えておきましょう。慣れないうちは大変だと思いますが、学ぶ姿勢があれば大丈夫です。

2.退職の際

特殊な職場の勤務規定がなければ、通常退職の意思を伝えるのは退職日の1か月前までとされています。 一度、自分の勤務規定を確認しておきましょう。

もし消化できていない有給休暇を使いたかったり、スタッフ数がギリギリの職場であればさらに余裕をもって伝えた方がいいでしょう。 まずは病棟の責任者に、それから直属の上司やグループリーダー等に話していきます。

社会人として当然ですが、退職するまでに他の同僚に申し送りをしたり、 残ったスタッフに迷惑がかかることのないようにしましょう。

3.看護師転職支援会社に登録

転職を考え始めたらまずは看護師転職支援会社に登録してみましょう。 退職後にしばらくゆっくりしたい時でも、健康診断の補助業務など単発で仕事を紹介してもらうこともできます。

良いコーディネーターさんにあたればいろいろと相談に乗ってもらえて納得のいく転職活動ができますし、なにかトラブルがあったときにも頼りになるでしょう。

看護師転職支援は企業規模も様々ですし、会社によって得意分野も異なります。 登録費用は無料なので、いくつか登録して自分に合った会社を利用するようにしてもいいですね。

このページの先頭へ