看護師を大切にしてくれる師長はどんな人?

看護師の働く職場は病院、クリニック、診療所などがあります。通常の会社では上司がいるように、看護師の職場にも上司がおり、看護師長、看護主任と呼ばれます。

この二人は看護師を管理する役割を持ち、病棟はうまく回っていくように勤務シフトを組んだり休みを調整したりします。

また入院中の患者が快適に安全に入院生活を送れるように病棟全体の管理も行います。

看護師長というと、これまでの看護経験も長く、いろいろな経験を積んできた人なので、とても頼りになる人です。そして困った時には相談が出来るようなよき上司でなくではいけません。

しかし時には、師長と意見が合わないとという看護師もいます。どのような看護師長が良い師長だと言えるのでしょうか?

その一つとして、固定観念にとらわれず、全体のバランスをよく見ることの出来る看護師長である必要があります。人の好き嫌いはありますし、スタッフのあう合わないもあります。

しかし師長はそれらのこだわらず、スタッフとまんべんなくかかわること、そして意見を聞くことが大切です。またそのようなことを言い出せるようなスタッフの雰囲気作りが大切になるでしょう。

次に自分が率先して動く師長であること。師長が動いていると、看護師も何かをしなくてはという気になります。反対に師長が動かないとスタッフの動きも悪くなります。

比例しているので、師長は自ら動くというタイプの方が後から看護師がついていきやすいでしょう。

また勤務を作るは大切な役割です。すべてのスタッフの意見を盛り込んだ勤務を作ることは難しいのですが、なるべく意見を尊重する、特に子育てママ看護師の意見をよく聞いてくれる看護師長になると支持率がアップします。

看護師が頑張って働くことが出来るのは、やはりそれに見合った給料と休息があるからです。

ストレスがたまるとよい働きができません。そのために、勤務調整の出来る看護師長はスタッフからの信頼も厚いのです。

このページの先頭へ